JAXAトップページへ
 サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left.gifsatellite_button.gif
spacer.gifsub_directry_end.gifTRMM
left_on.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-PR
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-VIRS
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-TMI
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-CERES
spacer.gifsub_directry_end.gifTRMM-LIS
left.gif初画像


PR、TMI、VIRSによる降雨観測とデータ処理の概念
corner.gif
virs_title.gif

VIRS Image


  • TRMM太陽電池パドルのトラブルについて(2002.10.22)


  • 《 概要 》

     可視赤外観測装置(VIRS)はクロストラック(衛星進行方向と直角方向)を走査する放射計であり、可視から赤外までの中の5つのスペクトラム帯の放射を測定します。また、マイクロ波のデータと比較することにより、可視・赤外のデータだけから降雨量を測定することが出来ます



    《 VIRS主要諸元 》

    観測波長帯 0.63、1.6、3.75、10.8 and 12mm
    水平分解能 2 km(直下)
    観測幅 約720 km
    走査モード Cross-Track Scan
    伝送速度 50 kbps
    重量 34.5 kg
    消費電力 40 W




    EORCホームへ
    JAXAトップページへ サイトポリシー