JAXAトップページへ
 サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left.gifsatellite_button.gif
spacer.gifsub_directry_end.gifTRMM
left_on.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-PR
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-VIRS
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-TMI
spacer.gifsub_directry.gifTRMM-CERES
spacer.gifsub_directry_end.gifTRMM-LIS
left.gif初画像
spacer.gifsub_directry.gifimage1.gif
spacer.gifsub_directry.gifimage2.gif
spacer.gifsub_directry.gifimage3.gif
spacer.gifsub_directry.gifimage4.gif
spacer.gifsub_directry.gifimage5.gif
spacer.gifsub_directry.gifimage6.gif
spacer.gifsub_directry_end.gifimage7.gif

PRプロダクトについて

PR、TMI、VIRSによる降雨観測とデータ処理の概念
corner.gif
pr_title.gif

PR Image

《 概要 》

 TRMMに搭載される降雨レーダは、世界で初めての衛星搭載降雨観測用レーダであり、通信総合研究所(現情報通信研究機構)の協力を得て宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)が開発しました。降雨レーダの主要な目的としては、

  1. 降雨の3次元構造、特に垂直分布を観測すること
  2. 海洋及び陸域上の降雨の定量的観測を行うこと
  3. 降雨構造に関するデータを提供すること
により、TRMMマイクロ波観測装置(TMI)による降雨観測精度を向上させること等です。


《 PR主要諸元 》

PR本体
レーダ方式 アクティブフェーズドアレイ方式
周波数 13.796GHz 及び 13.802GHz
(2周波アジリティ)
観測幅 約215km
観測高度範囲 地表から高度20km以上
距離分解能 250km
水平分解能 4.3km(鉛直入射時)
検出可能降雨強度 0.5mm/hの降雨時に降雨頂でS/N=0dB以上
(1パルス当たり)
独立サンプル数 64
伝送速度 93.5kbps
重量 465kg
消費電力 213W

アンテナ
形式 128素子導波管スロットアレイアンテナ
ビーム幅 10.71度 * 0.71度
開口面 2.1m * 2.1m
走査角 ±17度
ゲイン 約47.4dB

送受信系
送信素子 固体電力増幅器(SSPA)(* 128)
ピーク電力 ≧700W
パルス幅 1.6ms * 2ch.
パルス繰り返し周波数(PRF) 2776Hz
ダイナミックレンジ 約81.5dB

《 サンプル画像 》

pr_taifu28_1_m_j.jpg 台風28号の観測画像(1997.12.25)




EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー