地球資源衛星 English

地球資源衛星1号(JERS-1)


JERS-1イメージ画像 JERS-1は地球の全陸域を観測し、資源探査を主目的に国土調査、農林漁業、環境保全、防災、沿岸監視等の定常観測を行う地球観測衛星です。平成4年2月11日に種子島射場よりH-Iロケットで衛星高度568km、回帰日数44日の太陽同期準回帰軌道に打ち上げられ、高性能の 合成開口レーダ(SAR)光学センサ(OPS) 及び、ミッションデータレコーダを搭載し地球観測データの収集を行いました。

SARは、マイクロ波を照射し地上からの反射波をとらえて昼夜天候に左右されずに 地表面の特性や起伏、傾斜などを観測する能動型センサです。

OPSは、可視域から短波長赤外までを7つのバンドに分け、可視域では15.3度の前方視による立体観測が可能であり、短波長赤外では岩石や鉱物の識別に威力を発揮する特長を持っています。



ALOS HOME

[EORC Home] [JAXA Home]


mark 地球観測研究センター


更新日: 2004年 3月 1日