レーダサット干渉処理による地殻変動解析(速報)

宇宙開発事業団
平成12年10月16日

宇宙開発事業団ではレーダーサット合成開口画像(平成12年9月17日と10月11日受信データ)を用いた干渉処理を行い、鳥取県西部地震(平成12年10月6日発生、マグニチュード7.3)にともなう地殻変動を検出しました(図1)。本地震では断層面に沿って左横ずれが発生したと考えられており、その場合、断層の北東・北西側が衛星に近づき、南東・南西側が衛星から遠ざかることが計算機シミュレーションで予測されます(参考までに、建設省国土地理院提供の変動予想図を図2に示しますが、鳥取県、島根県の広い範囲に渡って全体として蝶に似た変動パターンがみられます)。本干渉図は南北60km東西50kmの領域の変動を表しており、図2と比較すると、変動の二次元的な広がりを定量的・定性的に把握している事がわかります。レーダーサットはCバンド(波長5.6cm)のマイクロ波を使用しており、地殻変動量を表現する色の一周期がレーダー波長の半分(2.8cm)に対応します。米子市近辺では5.6cm衛星に近づいたことがわかります。

本画像では山間部の干渉の具合が良好ではありません。干渉性の優れたLバンド合成開口レーダーでは観測可能であり、ALOS等Lバンドレーダーを搭載した衛星の早期の打ち上げが期待されます。

レーダーサットによる鳥取西部地震変動図。クリックすると拡大表示します。
図1:レーダーサットによる鳥取西部地震変動図

図2:変動予想図(建設省国土地理院が気象庁気象研究所作成のMICAP-Gというソフトを使用して作成しました。)