ALOSについて- PALSAR

PALSAR フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ

PALSAR図 PALSARは地球資源衛星1号(JERS-1)に搭載された合成開口レーダ(SAR)の機能・性能をさらに向上させたもので、天候や昼夜に影響されない能動型のマイクロ波センサです。PALSARは高分解能観測モード、観測角を可変し250~350km(スキャン数に依存)という広い観測幅を有する広観測域モード(ScanSAR)を持っています。これは、これまでのSARと比較して3~5倍の観測幅となります。なお、PALSARの開発は宇宙開発事業団と(財)資源探査用観測システム研究開発機構(JAROS)の共同で行っています。


PALSAR主要諸元
モード 高分解能 広観測域 多偏波
(実験モード *1)
中間周波数 1270 MHz(L-band)
バンド幅 28MHz 14MHz 14MHz,28MHz 14MHz
偏波 HH or VV HH+HV or VV+VH HH or VV HH+HV+VH+VV
入射角範囲 8~60° 8~60° 18~43° 8~30°
地上分解能 7~44m 14~88m 100m
(multi look)
24~89m
観測幅 40~70 km 40~70 km 250~350km 20~65km
量子化ビット数 5 bits 5 bits 5 bits 3 or 5bits
Data rate 240Mbps 240Mbps 120Mbps,240Mbps 240Mbps
雑音等価後方散乱係数 *2 < -23dB (観測幅 70km)
< -25dB (観測幅 60km)
< -25dB < -29dB
信号対アンビギュイティ比(S/A) *2,*3 > 16dB (観測幅 70km)
> 21dB (観測幅 60km)
> 21dB > 19dB
ラジオメトリック精度 1シーン内で 1dB/1 軌道内で 1.5dB
アンテナサイズ アジマス方向:8.9m x エレベーション方向:3.1m
    注記: オフナディア角41.5°の時、北緯87.8°および南緯75.9°を超える範囲は観測不可能です。
  • *1 電力の関係により、運転時間に制限があります。
  • *2 高分解能モード:オフナディア角は34.3°
        広観測域モード:オフナディア角は34.1°
        多偏波モード:オフナディア角は21.5°
  • *3 PALSARの技術変更により、S/Aレベルが低下することがあります。
PALSARポインティング図